STRONG POINT

ウーボの強み

絶対にゆずれなかった
完全遮光100%

1%の妥協もしたくない。つくるなら最強を。
最強の日傘をつくる上で、完全遮光100%であることを最低条件としました。
遮光性だけでなく、UVカット100%であることはもちろん、
涼しく過ごしていただくための遮熱性や、晴⾬兼⽤などの機能にもこだわりました。
これらの機能は生地が破れない限り、またはコーティングが剥がれない限り効果が持続します。
毎日、おでかけのときに手に取りたくなる親しみやすさも考え、
UVO(ウーボ)には様々な機能をデザインしています。

100% BLOCK

完全遮光100%

ライトを生地に直接当てても透けない。
それが、遮光率100%の世界。

例えば遮光率99%の日傘にライトの光を当てたなら、生地の裏側から光は透過されます。私たちが遮光率1%の違いにこだわった理由は、完全に日差しを防ぎ、あなたを守ることにこだわったから。100%の安心感は何ものにも変えられません。

生地おもて 99%遮光

生地うら 100%遮光(UVO)

もちろん、光だけではなく
紫外線も100%ブロックします。

UVOの生地は全カラー遮光率・UVカット率ともに100%を実現。UVカット率100%・UPF50+で日差しから肌を守ります。日焼けを防ぐため、UVカットに必要な性能を全てそろえた、紫外線対策にはぴったりのアイテムとなっています。さらにカラーを選べるので、お好みのスタイルに合わせて楽しめます。

※UVカット率=紫外線遮蔽率

100% UV BLOCK

独自開発した多層コーティングに
日焼けをしない秘密があります。

UVO(ウーボ)は全カラーに独自の多層ブラックコーティングを施すことで、遮光率・UVカット率100%を実現。また多層コーティングすることにより、高い遮熱効果を得ることに成功しました。

多層コーティング[裏面]

VALUE

紫外線100%カットが
大切な理由

紫外線対策の不足は、
肌トラブルをひと足はやく招きます。

日傘をさすことは、紫外線A波やB波をあびるのを避けること。これによって、様々な肌トラブルからカラダを守ることができます。肌の表皮に届くUVB波はもちろんですが、肌の奥まで浸透するUVA波は、将来的なシミ、シワ、たるみなどの「光老化」の原因となるため、日頃から対策しておくことが重要です。 参考:公益社団法人日本皮膚科学会 皮膚科Q&A

「紫外線対策は、暑い夏だけ」
ではありません。

1年を通して紫外線は降り注いていますが、特に多いのは7月・8月。けれど、将来的な肌トラブルの原因となるUVA波がもっとも多くなる時期が5月なのはご存知でしょうか。春先から秋口までは曇りでも対策が必要で、それ以外の時期でも晴れの日は危険です。紫外線対策はどのシーズンも油断することができません。月別UVA・UVB量 4月から急激に増加し、5月に最大になります。4〜9月が要注意です。 参考:気象庁「日最大UVインデックス(解析値)の年間推移グラフ」

HEAT PROTECTION

高い遮熱性

傘をひらくと、ほら
涼しい木かげのできあがり。

自分だけの、ちいさな避暑地をUVO(ウーボ)はつくりあげます。日傘をさす目的には、紫外線から肌を守るだけではなく、攻撃的な暑さからカラダを守ることも含まれます。外出中、移動中をどれだけ快適にすごせるか。遮熱性にもこだわって、日傘づくりをしました。

※イメージ上の表現です。

遮熱試験で
涼しい空間を生み出す実証済み。

室温21.3℃の中で人工太陽照明灯を30分間照射。
遮断するものが何もない状態で測定した熱線受光体の平均上昇温度とUVOの生地の真下に設置した熱線受光体の平均上昇温度の比較をしたところ、約14.8℃~約19.1℃上昇を抑えることを実現しました。

未加工の生地と比べてUVOの遮光生地は11℃低いです

※試験イメージです。

ALL WEATHER

晴雨兼用の日傘

雨の日も紫外線はゼロじゃない。
紫外線対策の必須知識。

雨の日。雨だけではなく、紫外線も降り注いでいる。
その事実を知ることがまず大切です。
晴雨兼用のUVOなら雨をしのぐだけではなく紫外線も防いでくれます。
天気の変わりやすい日本だから、晴れのときも雨のときも、
一本で活躍してくれる傘が必要だと私たちは思うのです。

撥水、防水。
雨に負けない強さも求めました。

晴雨兼用であっても、雨に打たれてすぐ劣化してしまうような日傘では困ります。だからこそ、UVO(ウーボ)には雨傘と同等の撥水性を要求し最高クラスの撥水度5級を取得しました。
おでかけの際、頼りにしてもらえる日傘となるために。